ペットボトルロケットロール

お絵かきやらギターとか

ギター速弾き研究 その6 左右のタイミングを合わせる

右手も左手もその設定したテンポで弾けると。

そうなればあとはうまくタイミングを合わせるだけだ。

左手をどうしよう…先行者

に書いたように左手→右手で合わせる練習をする。

練習方法は簡単で前回の6連を左手トリルから初めてピッキングを乗っけるだけだ。

 

こんな感じだ。テンポは135

 

半分の速度でも確認。

 

うんちょっと怪しい気配(走ってる?)もあるけど、おおむねOKでいいや。素人だし。素人って言い訳は便利だね。

 

すぐには多分出来ないと思う。すぐに出来たら、その才能が憎い。

この練習方法を思いついたのは「右手ばっかり練習してかなり高速化は出来た!」

と思っているのに「どうして、音グジャルの?なぜなの?」で何故かと考えてる時、

「走る前に歩け!」

っていうスティーブヴァイ先生(サトリアーニ先生だっけ?)のお言葉を思い出しのだ。

 

右手のトレモロは結構速く(体調いいと16分テンポ240弾けた気がするぐらい)できるので、

ひだりてかなぁと思いシンプルに6連トリルをやってみると、全く速度についていけない。

手枷は左にあった事に気がついた自分は右手のテンポ135(自分の目標速度だったので)にしたメトロノームでひたすら6連トリルをし、追いついてきたら右手を合わせる

を繰り返し続けた。

 

練習の段階としては右手先行(トレモロ)でいいと思う。

やはり速弾き愛好癖者は右手にネックを感じる人が多いと思うし、

右手の上達はかなりの練習量が必要なので。

なので、徹底的なオルタネイトピッキング練習の中、

時々トリルによる左手高速化をやっておくといいんじゃないかと。

比率としては(自分の練習振り返った記憶基準で)右手8左手2ぐらいだ。

とにかく、まずは右手から。

10代とかなら多分マスれば一生忘れないんじゃないだろうか?

わしは20越えてから上手くなりたい欲求が出たので遅かった。

とりあえずここまで。

 

次は右手編 弦移動シリーズでも書きたいなぁ。